お金の個人レッスン「ブーキー(bookee)」が必要不可欠な3つの理由

ブーキーで1万円から1000万作る

お金のパーソナルトレーニング
ブーキー(bookee)の個人レッスンを受けてきました。

パーソナルトレーニングというと、ライザップが有名ですよね。
従来のスポーツジムとはまったく違う、プライベート感と結果へのコミット。
ちょっと厳しいという噂もありますが、結果がすごいですよね。

お金のパーソナルトレーニング「ブーキー(bookee)」は、お金版ライザップ
日本初のお金の個人レッスンで、金融教育に力を入れているお金の専門学校、
ファイナンシャルアカデミーの関連サービスです。

お金の知識や運用力が不可欠なのは、日本もアメリカも一緒。
ニューヨークではみんなこぞって、お金の個人レッスンを受けているんですよ。

日本でも、これからは各個人で、
老後や年金に向けて対策をする必要性が叫ばれています。
お金の個人レッスンは、スタンダードになっていくでしょう。

この記事では、30代女子にピッタリかもしれない、
女性向けお金の個人レッスン「ブーキー」の体験談から。
女性にとって必要不可欠な理由を
3つのポイントからまとめていきたいと思います。

ブーキー申込

ブーキーの個人レッスンが私達女子に不可欠な3ポイント

ブーキーパンフレット

1.自分にピッタリなお金を増やす方法を学べるから

当たり前ですけど、一人ひとり得意なことや好きなことはもちろん。
収入や支出、環境などが全く違うんですね。
だからこそ、個人の状況に合わせたお金の対策が必要だからです。

ちなみに、その人のお金の使い方を見ると、
その人自身のお金に対する考えや問題が見えてくる…と言われる程に。
お金と個人感は連動性があるんです。

けれど私達日本人は、そもそもお金についての教育を受けていませんよね。
節約というと、とことんストイックにお金を使わなくする、
節約術ばかり目立ちます。理由は、それしか知らない人が多いからです。

両親に聞いても、お金をなるべく貯めなさい…で終わってしまう人も多いですよね。
けれどもダイエットと一緒で、ストイックなだけだと続かないのが現実…
だからこそ、お金についてきちんと学ぶ必要があるのです。

ただ、お金のセミナーというと玉石混交で…
通うのも勇気がいたり、金融商品を勧誘されるセミナーも多いのが現実。
仕事やプライベートに忙しい女性だからこそ。
まずは手堅い投資・運用をできるような体制作りをして
お金に関するよい習慣を身に付ける第一歩ってのがとても重要です。

そんな第一歩をヘルプしてくれる存在…
特にお金のことという、限りなくパーソナルに近いことだからこそ。
真剣にお金を学ぶ女子は、結果的にパーソナルトレーニングが近道になるでしょう。

2.お金のパーソナルトレーニングなだけあって超実践的だから

ブーキーでは、個人の得意や特性を活かして1年ちょっとのプログラムを組んでくれます。実践しやすいってことが、圧倒的な強みだと感じています。

主力トレーニングは3ヶ月ですが、3ヶ月で身につけたお金の習慣が
リバウンドすることないように…
3ヶ月に加えて12ヶ月のリバウンド防止プログラムが用意されています。

ブーキーカリキュラム

つまり、15ヶ月かけて自分にぴったりな
お金のトレーニング内容を、組んでもらえるのです。

トレーニングで助かったのが、保険の見直しトレーニング
保険の見直しなど保険相談窓口に実際に行く前後のレッスンってのがあります。
自分の入っている保険証書を元に、どういうポイントで
保険を見直したらいいかの道筋を教えてくれるんです。

保険相談窓口についてはこちら

保険見直し
保険を使って貯金を増やしたい! 保険って種類がたくさんあって何から選べばいいか分からない! 今保険入っているけれど、お金を増やすため...

保険見直しをしようと思っても、なかなか行けないのも現実でしょう。
ところが保険の場合、少しでも早く見直すことで選択肢が増えます(年齢、病気など)。

つまり、ブーキーのレッスンを受けることで保険見直しにもスムーズに取り組むことができ、手元に残るお金が増えて貯金や運用に回せるお金を作れます

保険相談をしても、予め受けたbookee(ブーキー)レッスンの成果として。
FPさんの話す内容がしっくりと身に入ってくると好評なんだとか。

ブーキーのレッスンでは、どの金融商品を取り組めばいいかの指定は一切ありません。あくまで中立的なアドバイスをもらえます。

それもそのはず。
金融教育に力を入れるファイナンシャルアカデミー系列会社なので、
この保険に入りましょうなどの勧誘は、一切ないんです。

また、つみたてNISAなど運用を始める時も、どこから始めたらいいのか。
商品を最終的に選ぶのは自分ですが、決断に導くのに必要な知識を、
経験豊富なコンサルタントが教えてくれます。

希望があればレッスン内で、自分の証券口座開設もサポートしてくれることもあり、機械が苦手な人は助かりますよね。

こういう苦手意識の克服って、最初の一歩が大切だったりするんですよね。

3.お金の対策を誰かと一緒に取り組む心強さ…一人じゃないって安心感

私達日本人って、お金に関してお話しちゃいけない
習慣がありますよね。お金の話イコール「はしたない」みたいな…

けれど、ブーキーのトレーニングでは、そんな心配もご法度!
お金について普段なかなか、家族や彼、友達に相談できないことも
コンサルタントには遠慮なく話せます。

トレーニングの第一歩、節約トレーニングが面白い。
毎日お金を支払った内容を、専属コンサルタントにLINEトークで
報告ってのがあります。

ブーキー節約トレーニング

最初は「えーっ」と思いますが、これがなかなか面白いんですよね。
大変だったらレシートを写メで撮って、LINEトークで送るもOK!

コンサルタントが出勤の時間内なら、こまめに返信ももらえるし
何より誰かの目があるってことは、お金の使い方を考えるようになるんです。

予めどういうことにお金を使いたいか、どういう支出だと自分にとって
ムダなのかをある程度把握。
その上で目標設定していくので、スパルタ度は一切なし!

やっちゃったなーって時も、次からは気を付けましょうと優しいトーク(笑)

自分ひとりじゃない、誰かと一緒に頑張っている…という感覚で
心強くも楽しくも感じます。

ブーキートレーニング行ってみた

ちなみにコンサルタントと合わないと感じた場合は、
専属カウンセラーに相談して担当コンサルタントを変更してもらうこともできます

ブーキーの担当コンサルタントは、お金という
とっても大切なことを話す相手。なので、遠慮なく相談してOKとのことでした。

中立的な立ち位置にいるカウンセラーという存在もありがたいですね。

お金の個人レッスン「ブーキー(bookee)」をお試しする方法

ブーキー(bookee)のトレーニングは、公式サイトから無料でお試しができます。

bookee(ブーキー)公式

無料体験レッスンの内容は、ブーキーのプログラムの説明だけでなく、
お金について学ぶことの大切さから、お金の賢い貯め方。
資産を増やしていく道筋などを、
カフェで話すような感じで学ぶことができます。

体験レッスンの持ち物は一切必要なし!
実際のレッスンとかも、友達とカフェで語りに行くような気分で
お金を学べるってのがコンセプト。
こういうのって本当に、他にはないサービスですよね。

ブーキーオシャレな空間

ブーキーは日本初のお金のパーソナルジムとして、2018年に始まったばかり。
にもかかわらず、申込殺到でお店をどんどん増やしているところだそう。

まずは公式サイトで無料体験レッスンボタンを押して、
スケジュールを確認してみましょうね。

空いている日時を選んで3項目入力するだけです↓

ブーキー無料体験レッスン

お金の運用を考える上で、一番大切なのは「時間」です。
40代で始めるより、30代で始める方が有利になります。

逆に何もしないままだと、あっという間に10年経ってしまいます。

まずは自分の体験と頭(知識)に投資をしてみるのが重要だと
40代の今、感じています。

bookee(ブーキー)公式

ゼロから投資を学んでお金から自由になれた!
お金学び歴10年になる、当時30歳のOLが最初に選んだのは…

どの金融会社にも依存しない独立した中立的なスタンスのセミナーでした。

1.ファイナンシャルアカデミー:独立中立的なお金の学校

ファイナンシャルアカデミーの概要記事はこちらです。

ファイナンシャルアカデミー中身
ファイナンシャルアカデミーってよく聞くけどどんなところ? ファイナンシャルアカデミーの受講歴も、10年目となりました。 東京オリンピ...

ファイナンシャルアカデミーについて調べてみる

2.ブーキー(bookee):お金のパーソナルレッスン

信頼しているファイナンシャルアカデミーのグループ会社で、
ブーキー(bookee)という、お金の個人レッスン
できました。

お金の悩み
2018年にお金のパーソナルトレーニング(ライザップのようなもの)、 「bookee(ブーキー)」が、東京の銀座で始まりました。 ところ...
bookee(ブーキー)口コミ

関連記事

老後のお金作りと対策は何からやればいい?

お金の価値観がしっかりした女性はどこにいる?

電子マネー

電子決済(キャッシュレス)時代に気を付けたい3つのお金のこと

子供の習い事を増やそうと思った時に考えたいお金の教育のこと

相談

お金をファイナンシャルプランナーに相談するデメリットとは?

節約に疲れた…節約を頑張りすぎると起こる3つの弊害と対策法

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 まとめサイトへの引用も厳禁と致します。