結婚するにはいくら貯金があった方がいい?

結婚を意識する相手ができた、そろそろ落ち着きたい、など。
結婚をしたいって時期は、急に襲ってくるように感じます。

結婚するには貯金がどれくらい必要か?
インターネットでも多くの記事で、具体的にいくらと書かれています。
が、お金の教育を受けた私なりに、結婚と貯金についてあえてまとめてみます。

結婚したい気持ちと貯金額の相関関係

20代、30代を中心に、結婚して子供を産んで育てるのにお金がかかるので、
結婚に踏ん切れないという人が多いのだそうです。

しかし実際に考えてみると、貯金額と結婚は何の相関関係もないと感じます。

結婚式は、追加料金がかからないように気を付ければ、ある程度はご祝儀でまかなえます。
出産も出産一時金42万円が支給されるので、まあ何とかなるのかも?!

それよりも、結婚するorしないの価値を貯金額で図ることに無理があると感じます。
なぜなら貯金が少ないことよりも、お金に関する知識がないことが問題だからです。

結婚したいなら貯金額よりも稼ぐ力を付ける

もちろん貯金は大切な習慣です。
しかし、お金に働いてもらうように使い、お金を増やしていくことがもっと大切です。

例えば株式投資で利回りが平均10%を出せるように、自分に教育をするのです。
株式投資に関するセミナーや書籍を買い、少額から実践していく。
投資は実践することで身についてくる、トレーニングのようなものだと言えます。

不動産投資なら毎日必ず物件情報を探して、現地調査をしてみる。
投資の世界では1000件の物件を見れば一つ位は、いい不動産に出会えると言われています。
※ここで言ういい不動産とは、収益をもたらしてくれる不動産のことです

ビジネス英語をマスター、または資格を取得して年収が今よりも上がる可能性があるのなら、
英語や資格取得のために学ぶといった自己投資もありますよね。

結局は、預貯金額以上に、お金を作り持ち続けるための自分への教育が不可欠なのです。

お金に働いてもらうための貯金作りを心がける

投資をはじめるにはもちろん、初期投資をするお金が必要です。
貯金に関しては以下の記事に具体的に書いていますので、この後読んでみてくださいね。
(関連記事)貯金を増やすために必要な3つの方法

お金のことを学び、お金に働いてもらえば、自分一人で働くよりも働き手が増えます。
より多くのお金を手にすることができます。

私が預貯金が少なくて悩んだ時、お金の教養講座を受けたことで
投資について学ぼうと決意しました。その後は不動産投資について学び実践。
お給料以外の収入源を得た結果、貯金は毎月増えております(*^_^*)

お金が毎月増える状態を目指しながら、自分の教育に投資しつつ結婚に向けて活動をする。
精神的にもだいぶ楽になるのではないでしょうか。

◆初回無料2時間でお金のことを学べる講座

お金の教養講座を受けたレビューはこちら


関連記事

お金をファイナンシャルプランナーに相談するデメリットとは?

お金でお金を増やす方法とは?

節約に疲れた…節約を頑張りすぎると起こる3つの弊害と対策法

お金を増やす方法を本で学ぶ「お金が貯まるのはどっち!?」

お金持ちの男性はどこにいる?本当のお金持ちと結婚する方法

お金の価値観がしっかりした女性はどこにいる?