HOME» 貯金を増やす小技や方法など»


貯金に保険を追加してお金を増やせる3つの仕組み

電卓で計算と投資

お金を貯めるには、日々の細々した支出に神経を費やすよりも
毎月の固定費を見直す方が、効率も高いし効果的です。

天引き貯金で有名な「財形貯蓄」や銀行の積立貯金と一緒に活用することで、
お金がぐんと増える仕組み作りについてまとめます。

仕組み作りとは?そう、保険の活用です!!

保険というと、生命保険や入院保険しか知らない人が多いと思いますが、
保険をうまく活用することでお金を作る方法があるのです。

貯金に保険を加えることでお金を増やせる3つの仕組みとは?

貯金と保険ってどう違うの?という回答にもなるかもしれないのですが、
保険を加えることでお金を増やせる3つのメリットから説明します。

  1. 満期や万が一の際に保険金(保障)を受けられる
  2. 毎月の保険料支払に強制力がある
  3. 支払う保険料は年末調整や確定申告で所得税から控除される

以下にそれぞれ説明していきます。

1)保険金や保障を受けられること(金銭的安心感)

保険と貯金の大きな違いが、
万が一の時に保険や保障を受けられることになります。

貯金は積み立てながらお金を貯める確実性(貯めた額は絶対値)と、
いつでも引き出せて用途制限もない換金性が大きなメリットです。

ところが、貯金目標到達前に
万が一のこと(貯蓄できない状況)が起こった場合には、
貯蓄が道半ばで終わってしまい、目的を達成できないデメリットもあります。

その点で保険は、万が一のことが起きた場合でも…
保険加入直後から契約した金額を支払ってもらい、
いざという時のお金に備えられるという大きなメリットがあります。

例えば万が一の事態に備えて、貯金毎月1万円を積み立てるとします。
年間12万の貯金となり、10年後は120万が手元に残る計算ですね。

一方で貯蓄性のある保険を毎月1万円の保険料で、
保険金額1,000万で契約できた場合。
もし同じ10年後に保険金を受け取る事態が発生すれば、
1,000万を受け取ることが可能です。
同じ月1万円の支出(or積立)でも、得られる結果が違うのですね。

「最新保険ランキング」より抜粋

保険と貯金の大きな違い

また万が一の事態には精神的な余裕もない場合が多く、
金銭的な不安も抱えていると余計に滅入ってしまいがちです。
そんな時に、保険金というのは大きな安心感にもなります。

学資保険も分かりやすい例えですね。
子供の将来の教育費に備えて貯金をしていた場合。
親に何かあった場合には、
予定した金額が準備できなくなる可能性があります。

一方で学資保険に入っていれば、
契約者が亡くなった時は以後の保険料支払いがなく、
満期時には満期金を受け取れるため、
教育費用に十分備えることができます。

2)積立貯金より強制性が増すのでお金を貯めやすい

積立貯金や財形貯蓄も、毎月一定額が差し引かれるため
貯金ができない人にはありがたいシステムになります。

ところが保険に加えるとどうしても、解約しやすい傾向にあります。
このこと自体は、保険より預貯金のメリットとも言えるのですが…

一方で保険料の支払いの場合は契約によっては中途解約時、
解約返戻金がなかったりごくわずかというデメリットもあります。
すぐにお金を引き出すことができない点では、
貯金よりも効率性は劣るということですね。

ところが、この精神的ハードルや損をするリスク自体が、
お金を作るモチベーションにはなりやすいのは確かです。

例えば毎月1万円の貯金に、1万円の保険料の支払いを加えると、
毎月のお金の使い方が断然に変わってきます。
毎月使った残りで貯金しようとしても、なかなかできないのと同じです。

(貯蓄性)保険料というハードルを課すことにより、無駄遣いも減って
お金が結果的に貯まりやすくなるのです。

貯金のための節約と言っても、日々のお買物で何かを減らそうとか
1円10円単位でピリピリしても、なかなかお金は貯まりません。

一方で保険料の場合は毎月、保険料の掛け金が引かれます。

例えば今支払っている保険と同額で貯蓄性保険に入ったり、
過剰に入りすぎている保険を解約して、よりよい保険に切り替えるなど…

ライフスタイルに併せて保険のサービス内容や保険料の見直しをするなど、
毎月一定の固定費を効率よく運用させることも可能です。

保険も加えることで、お金の貯まる仕組みの強化。つまり、
お金の使い方を見直す大きなチャンスになるとも言えるでしょう。

貯蓄と保険メリット3:保険料が節税になる!税金も安くお金が残る

毎月の保険料は、所得税や住民税の生命保険料控除に該当します。
つまり、その分だけ税金が安くなる節税効果があります。

保険加入時期に応じて新制度と旧制度がありますが、
所得税の場合で年間最高12万円が所得の金額から控除されます。

所得金額が減ればその分所得税が安くなり、住民税も節税になります。
手続きはお勤めの人は会社での年末調整、それ以外の人は
確定申告をすれば、その分の税金が還付されることとなります。

生命保険料控除サンプル

では貯金の場合はどうでしょうか?
貯金には利子がもらえますが、税金(所得税・住民税)が差し引かれます。
振り込まれる利子の金額の時点で税金が源泉徴収されているため、
貯金に節税策を施すことは不可能です。

つまり、保険に入るということは保険料を活用して
無税で積立をしているようなものだと言えるのではないでしょうか。

貯金に保険を加えることでお金を増やせる3つの仕組みのまとめ

  1. 必要な時期に必要なお金を作ることができる
  2. 強制的に保険料を払うのでお金が貯まりやすい
  3. 保険料は税額控除の対象なので、無税で貯金ができるようなもの

保険をうまく活用することで、お金を増やせそうですね。
保険会社も数十社あり、保険の種類やサービスも様々です。

自分にとってのピッタリな保険はどのようにして見つけるのでしょうか?

次のページへ



投資始めの第一歩にピッタリな無料講座はこちらです

お金の教養講座


トップページへ


スポンサード リンク