東京オリンピックまでに伸びる株はどんな株?!

2008年から2009年のリーマン・ショック後に、株式投資をはじめました。
当時はどの株も割安だったので、
投資で失敗したことはほぼありませんでした。

しかし、アベノミクスがはじまった2013年からの銘柄探しは、
若干苦戦しています。

2020年まで後6年!株式市場はどうなるのか?

2013年9月に、2020年の東京五輪が決定しました。
不動産株や建設株を中心に株価が上昇したか…?と思いきや、
きれいに伸びてくれません。

株式投資家の懸念材料としては、
日本経済や市況が思うように伸びていないこと。
建設ラッシュによる人手不足や消費税増税が、
株価上昇の歯止めの原因みたいですね。

しかし株式投資をするのであれば、長い目線で考えることも必要です。
2020年が近付くにつれて、日本でオリンピックとなれば
何らかの形で日本にお金が流れてきます。
株価上昇は夢ではないと考えるのが自然ではないでしょうか。
(よっぽどの天災や政治不安がない場合に限りますが…)

そうでなくても、日本の安全性や割安に放置されている日本株に
世界各国の投資家は注目をしていると言われています。
アベノミクスも日本国内の評判より、海外の投資家の方が注目・期待しているようです。

お金の勉強を楽しく

2016年にはアメリカやカナダから、安価なシェールガスが輸入。
エネルギー関連も自由競争が。
価格競争により、日本を製造拠点にする企業も増えてくるのだとか。
日本の製造業にとっては日本回帰と言いましょうか。

建設サイクルなどの、株価の伝統的な4つのサイクルを加味して考えても。
日本株自体は上昇する可能性が非常に高いと言われているのです。
※参考:波動から見る株式市場の動向(投資戦略フェア2014講演より)

東京オリンピックに向けて上がる株の買い時は?

株式投資をはじめて株価を見続けていた経験で言えることは、
たった一つです。

    狙っている株をほしいと大勢の人が言い出したら株価は急上昇する。
    加熱してから購入しては遅すぎる!

株式投資で結果を上げている投資家は、一般投資家が注目していない時点。
つまり、
株価が安い段階でその銘柄(企業)に投資をしているんだそうです。
人気はなくて安いけれども価格が上がる見込みのある株を見つけるのがうまいんですね。

2020年までに株式投資を実践しておこう

人気がなくて安く放置されているけれど、株価が高くなる見込みのある株。
株価を表す指標はいくつかありますが、指標だけではなく企業のポテンシャル。つまり、
ファンダメンタルズの観点からも、銘柄探しをしていく必要があります。

ファンダメンタルズ分析は2銘柄、3銘柄を
チラチラっと見ていても分かりません。
総合的に、数字で判断できるスキルを身につける必要があります。

私は株式投資を実践して丸4年の後、株式投資について真剣に学び始めました。
2020年の東京五輪で加熱上昇した株よりも、その時に多大な利益をもたらす株。
今からでもコツコツと探しておけば、株で儲けるのにまだ十分、間に合うと思いますよ。
>>株式投資に関するスクールの選び方はこちら
>>私が学んでいる株式投資の学校はこちら
>>株式投資の学校を実際に受講して、2年間学んだ成果(別サイト)


関連記事

「お金の教養講座」を受けてみて、最初に受講すべき2つの理由

お金が自動的に入ってくる方法はあるのか?

はじめの投資は株式投資!アベノミクス相場でも割安な株探し

サラリーマンやOLが仕事と株式投資を賢く両立する方法

株式投資か不動産投資どっちから始めるべき?

専業主婦になりたい!主婦業とお金を両立する2つの方法