HOME» 投資をはじめてみよう»


ファイナンシャルアカデミー3つの口コミを投資家が徹底反論します

ファイナンシャルアカデミー看板

ファイナンシャルアカデミーに行く途中に見つけた!新宿駅構内の看板↑

お金と将来を心配に思い、ファイナンシャルアカデミーに通い始めてから
7回目の年末を迎えようとしています。

この間に不動産投資の学校で学び
夫婦で5棟の家賃収入を得てサラリーマンを卒業。

株式投資の学校で学んでからは、平均利回りが20%に倍増。
口座残高も順調に上昇しております。

不動産投資に関してはより総合的に知識を得たく、
2015年に宅建試験を受験して合格
宅地建物取引士兼不動産投資家になれました(^^)

そんな私なりに思う、ファイナンシャルアカデミーの口コミ情報について。
インターネットで「ファイナンシャルアカデミー口コミ」で検索をかけると
色々な記事が出てきます。

お金のことを真剣に学ぼうとする人にとって、
もしそれをそのまま受けとめて思考停止していたら、
すごくもったいないことだなーと切実に感じました。
だいたい、実際に通っている受講生の口コミは少ないし…

投資を考えている人は、実践者の意見こそ気になるはずです。
そんな、実際に通う受講生の一人だからこそ実感するような…
そんな生の口コミを、私なりの観点も交えて書いておきたいと思います。

ファイナンシャルアカデミーに関する3大口コミ

投資の学校で学び始める

ネットの口コミってけっこう読んじゃいますよね。
通販だと事前に試せるワケじゃないから、かなり読み込んだり…
そんな時に重要視するのは、実際に使っている人の口コミですよね。

情報の信ぴょう性って本当に大事です。
実際に実践している人の中で、いい悪いを判断できればいいのですが…
実践者もサンプルも少ないように思います。

ただ一つでも多くの意見を集めるのは大事ではあるので、
私の中で目に止まった口コミ(というより意見)を大きく3つに分けました。
それに対して実践者の私の一意見を書いていきますね。

ファイナンシャルアカデミーって大丈夫?って不安になっている人への
参考になれれば幸いです。

1.お金の教養講座(無料)が高額スクールセールスのためのもの

お金の教養講座はファイナンシャルリテラシーの基礎を、
2時間で身に付けられる講座です。初めての人は無料で受けられるもの。
大まかな内容は大きく5ポイントに分かれるかと思います。
>>「お金の教養講座」を受けてみて、最初に受講すべき2つの理由

お金の教養講座で板書したノートの一部

お金の教養講座の板書

でネットで目にしたのは、
お金の教養講座はスクールセールスのためのセミナーだって口コミ。
スクールは数十万もするから、そのステップのための講座だというご意見。

まず大前提。
価格に対して、高い安いを判断するのは絶対値(○○万円)ではなく、
どれだけの投資利回り(メリット)を得られるか?が大事なんです。

普段数百円、数十円の節約に励んでいるとどうしても、
1万円札が飛んで行くと思うと、詐欺とか何とか身構えてしまいます。
私も投資を学ぶ前はそんなタイプでした(^_^;)

けれど投資を始めた後の経験で言えば。
数十万の授業料で毎月数十万の安定した家賃収入を手に入れました。

この結果を得られた場合に、
スクール授業料は高いと言えるのでしょうか?
手残り(キャッシュフローベース)で考えても、
スクール授業料は半年で回収(ペイ)できましたし。
その後4年経ちますがほぼ変わらず、家賃収入が入ってきてるのです。

それはあの時、スクールに通って「元を取ろう!」と、決めたから。
投資が身体に染みこむまでスクールに通い続け、やり抜こうと思えたから。
だってもったいないじゃないですか?授業料出しっぱなしって。
成果も出さないと。

幸い繰り返し授業を受けられる仕組みがあるので、
繰り返し受講しながら投資を習慣化できたのですね。
>>(詳しくは…)不動産投資の学校口コミサイトもどうぞ!

数十万という金額を見て思考停止するのではなく。
その金額を自分に投資したら、
回収(それ以上の金額をもらえるように)するという発想
これこそが、
投資やお金持ちになるためには不可欠なんですね。

投資だと分かりにくいので、もっと簡単な例を。

スクールと同じくらいの授業料がかかる、自動車教習所。
自動車教習所に通えば免許に必要な試験場での実技試験が免除されるし、
運転に必要なスキルも学科試験対策も学べます。

自動車教習所が必要ない人、例えば運転スキルがある人にとっては
数十万の教習所代は高額ですよね。

自動車教習所

けれども初めて運転する人(…ってこっちが大半だと思うけど)にとっては、
運転技能を身に付けないことには運転免許は取れません。
もし取れたとしても、運転技能の低いまま車を走らせると事故を起こします…
投資の勉強もせずに投資をするのも、これと同じようなことではないでしょうか?

運転免許があれば、運転することによるリスクもあるけど(交通事故とか)、
得られるメリットも大きいですよね(^^)

そんなドライブによって得られるメリット(ゴール)に、最短で近付くために!
人々は例え高くても、自動車教習所に通うんです。

金額の絶対値は高いと感じても、得られるメリットがそれを上回る。
だから、教習所代を支払う。
投資スクールの授業料も、これと同じではないのかな?

あれだけ体系的に特定手法に限定せず総合的に学ぼうとしたら、
本だけで学ぶには正直限界があります。一体何年もかかるんだろうか…

本を開けば、著者が推奨する手法や経験値からは学べます。
ただそれって、その人特有の事情やセンスもあります。
スクール分を本で消化しようと思えば、100冊読んでも足りないかも。
そもそも実行に移せるかどうかも、難しい人が大半じゃないかな。

初めてのことこそ、学んだほうが早くて確実ってのは
今までの人生経験で実感している人も多いのではないでしょうか?

で、無料セミナーは高額スクールへのセールスだという意見。
セールスというより、お金について多くを学ぼうと考えている人にとっては。

スクールに自分が投資する価値があるかを見極める機会にすれば
よいのではないでしょうか?

ちなみに最後に投資家として一言。
セールスという言葉を否定する心持ちは、
お金のことを卑しいと思う気持ちとほぼ同じです。

お金1万円札いっぱい

で哀しいことに、お金を卑しいと思う気持ちがあると、
人は決してお金持ちにはなれないんですね…
どこかで精神的にブレーキがかかるから。

逆に企業がお金を増やす(=売上を作る)ためには、ですよ。
サービスを知ってもらって商品を手に取ってもらうってのは
当然のことではないですか?
世の中お試し商品、お試し受講なんて山程あるじゃないですか?
それを卑しいって言ったら、はっきり言って生活していけません。

世の中の企業は営利目的である以上、しょうがないのでは?
ボランティアじゃないんだし…企業としては当然の行為。

ファイナンシャルアカデミーに限らず、世の中の企業は同じように
サービスを知ってもらってお試ししてもらい納得した上で、
自社のサービスを使ってほしいと思っているんです。
それはそういうものとして捉えないことには始まらないんです。

お試しという観点で考えて、お金の教養講座に参加してみると…
セミナーを受けるという「体験」ができます。ゼロが1になる。これは大事。

教室の雰囲気とか、先生のカラーとか、集まる人達がどんな人か?
どういうふうに学べるかを知れるんですね。
>>(参考)お金持ちの男性に出会える場所

本をどんなに読んでもピンと来なかったものが、講義を受けると
こういうことかー!!!って分かったり(^^)

それで自分に合うかどうか、教室で学ぶかウェブ受講がいいか…などを
見極めていけばよいのだと思います。

2.高い授業料払うなら本100冊買って読んだ方がいい

1.にも似たようなことを書いたのですが、投資に限らず授業料って
自分の教育への投資だと言えます。

コツコツと本当に本100冊買って、実践に移せる人。
成果を出せる人にとっては、セミナーなんて必要ないと思います。

ただ実際のところ投資のお友達に会うと、
本やネット情報だけで投資を成功している人はいないですね。
誰かしらどこかのコミュニティに属して、情報交換しながら行っています。

それに本100冊で投資成功できるなら、もっとお金持ちが多いはずだし。
それに得てして本で大丈夫だと言ってる人に限って、
投資で成果を上げられているかは疑問です。

会社員の人はもちろん、主婦も学生もみんな日々忙しいんです。
投資に限らず何かを学ぶって、その忙しい狭間で行う行為。
ペースメーカーがないとだらけたりしませんか?

スクールに通い始めると課題(宿題)があったり、お友達ができたりして。
「私も○○さんみたいに頑張ろう!!」
とか、気持ち的な刺激や思わぬ情報をもらえたり。

こういう投資家になれる「場」を持つこと。
本だけの投資よりも数千倍は楽しいし、結果も出やすいのかも。

3.投資を考える位なら資格の勉強をすればいい

不動産投資で必要な知識の深掘りを目的として、
宅建士の資格を取りました。

大家さんが宅建合格証

そしてお金をもっと全般的に学ぼうと、FP資格勉強中なので言えます。

資格の勉強をすることと投資家になることは全く別物!

不動産投資の学校に通うなら宅建士の資格を勉強すればいいという意見にも、
実体験から反論させていただきます。

まずは宅建士になるための勉強の中身と目的を考えてみてください。
それは…

    宅地建物取引に関連する法律を学ぶこと!!

宅地建物取引士の専売業務は、不動産の重要事項説明を行い、
契約書に記名押印すること。
つまり、不動産の取引や関連する法律を知っている人になるのが目的。

逆に不動産投資家になるには、安全な「取引」ができる条件を作り出すこと
割安な物件をより安く購入し、満室経営を目指して家賃収入を作る。
家賃収入を元手にさらに大きな投資をする…ってのが大枠です。

不動産投資をしていくと、色々興味が湧いてきて私みたいに
宅建試験を受ける大家さんもいます。
じゃあ宅建士が勉強もせずに不動産投資家になれるか?

取引にお仕事で触れるから、いい物件情報は得やすいと思います。
けれど、成功しているとは限らないのですね。

じゃあ株式投資の学校で勉強する代わりに、FPの勉強をすればいいのか?
FP試験では確かに、ライフプランから相続に保険まで
お金を全般的に学ぶことができます。これはこれで面白い。

けれどあくまで、全般的なんです。広く浅くお金のことを学べるのは確か。
けれど株式投資の具体的な方法は学べませんよ。
FPのテキスト開いてもらえれば、その違いは分かると思います。
>>お金をファイナンシャルプランナーに相談するデメリットとは?

つまり、資格取得に必要な知識と、
投資で利益を出すスキルは全く別物です。

ファイナンシャルアカデミーでお金の勉強をする理由

ここまで世間に溢れる非投資家の口コミに対する反論を読んでみて、
こういう世界を知りたいなーって思った人は、投資のセンスがあるはず。

私もこんなこと書きたくなかったのですが、伝えておかないと
損する人が絶対にいると感じていたのです。だからあえて書いちゃいました。

投資スクール(という名の情報商材含む…)は色々とありますが、
私がファイナンシャルアカデミーに通い続ける理由、つまり
ファイナンシャルアカデミーでしか得られないメリット
最後に補足しておきますね。

ファイナンシャルアカデミーは独立系の企業ってことです。
だから特定の投資手法に固執せず、幅広く公平に学べるってこと。

ファイナンシャルアカデミー「株式投資の学校」のテキスト

株式投資の学校テキスト

例えば証券会社のバックアップを受けた投資スクールがあるとして、
そこで不動産投資を学べますか?無理でしょう。
株式投資を勧められると思います。

出資者や企業の広告主からの援助があると、援助する人にとって
不利になる運営ってできないのですね。

その点ファイナンシャルアカデミーは「クリア」です。
株でもFXでも不動産でも、その人の投資の目的と希望に合わせて選べます。

またスクールに限らず色々なセミナーもあるので、
まずは2時間で無料のお試しセミナー「お金の教養講座」を受けてみて、
自分との相性を見てみるといいのでは?

スクールでは2015年末からは新しいカリキュラムになって、
より勉強しやすくなりました。
受講生も先生もどんどん増えているみたい。

そんなスクールを疑似体験の第一歩、お金の教養講座の詳細はこちら↓

お金の教養講座

>>「お金の教養講座」を受けてみて、最初に受講すべき2つの理由



投資始めの第一歩にピッタリな無料講座はこちらです

お金の教養講座


トップページへ


スポンサード リンク