HOME» 貯金を増やす小技や方法など»


30代から貯金はもう遅いのか?!

貯金

30代にもなると仕事も忙しくなって、頼られることも多くなって。子供もできたり欲しくなったりも。
大人になったなーと感じることが増えてきます。

そんな時に預金残高を見て、貯金少ない!とビックリしたことがありませんか?

貯金を始めるのに遅いことはない

預貯金を眺めて、貯金を増やさないと…と思った時がいいチャンスだと感じます。
仕事でバタバタ忙しい時期はどうしても、お金のことは後回しになってしまいませんか?

  • お給料がいくら入ってきたかを給与明細すら見ていなかったり
  • 通帳記帳もすることなく、通帳は眠ったままだったり
  • お金を銀行から引き出すタイミングも見失って、高い手数料を払っておろしたり

いずれもよくないお金の習慣。けれども長い人生そんな時期もあります。
お金を意識して、貯金を増やそうと思えたことがいいタイミング。きっかけですね。

物事をはじめるのに遅すぎることはないって言います。
私も投資を始めたのは、30歳の終わりでした。始めるなら少しでも早い方がいい。

貯金に必要なのは目的

貯金を増やさなきゃと漠然と思っていても、貯金は増えていかないはずです。
貯金をする一番の理由が「将来のために念のため」というケースが多いようですが、
念のためという漠然とした理由の貯金だと、ついつい使ってしまいます。

漠然とした目的の貯金で一番危険なのは、ゴールを感じられないこと。
あればあれだけ良いって貯金に励んでも、何のために生きているか分からないですよね。

貯金の目的として一番いいのは、投資のため。
投資は自己資金(預貯金)をさらに増やすための行為を指します。

株でも不動産でも外貨投資でもいいんです。一番大事で効率がよいのは、投資について学ぶ。
自分の頭への投資(自己投資)です。

貯金でお金を増やす方法と2つの利点

投資活動で大切なのは、基本的なお金に対する知識の取得と、投資自体の経験です。

不動産投資だったら物件を探す。株式投資ならよい銘柄を探す…など、
投資について学びながら貯金を貯めていくと2つの利点が出てきます。

  1. 投資を学んでいる間に自己資金が貯まっていき、より大きな投資にチャレンジできる。
  2. 投資を学んでいるから、貯金をするのにも目的が生じる。お金の使い方も変わる。

貯金を増やそうと思ったあなたには、効率のよい貯金の貯め方や投資の手法や向き不向きなど、
お金に関する第一歩を学べるセミナーがあります。

お金の教養講座と言って、マネースクール大手のファイナンシャルアカデミーの
ファーストステップ講座になります。

2時間みっちりしっかりでなんと、無料で受講できます。
自分に対する投資、自己投資の第一歩にピッタリな講座だと感じました。

お金の教養講座



投資始めの第一歩にピッタリな無料講座はこちらです

お金の教養講座


トップページへ


スポンサード リンク